新分野

  • 電極材料、ゴム・樹脂複合材料などを高機能化すべく、ナノ素材の開発をしております。
  • 自社合成したカーボンナノチューブをベースに、分散液・ウエットマスターバッチ・ヤーン・不織布として提供します。
  • 当社主力製品のシリンダライナで培った異種材接合技術を活用した各種鋳ぐるみ製品を開発しております。

カーボンナノチューブ

TPR製カーボンナノチューブは、長さが長く、少層に制御されたカーボンナノチューブです。

製法は、大面積の基板から垂直にカーボンナノチューブを高効率に成長させる方法で、TPRでは量産技術まで確立しております。

大面積基板とカーボンナノチューブ顕微鏡写真

大面積基板とカーボンナノチューブ顕微鏡写真

カーボンナノチューブの物性一覧

横にスクロールできます。

項目 CNT長さ CNT直径 比表面積 層数 金属不純物 G/D比※
代表値 〜2mm 5〜12nm 225~390m2/g 3〜7層 〜250ppm 0.8〜
  • G/D比はお客様ご要望に合わせ設定可能です

用途展開

横にスクロールできます。

特徴 素材の狙い 用途適応時のうれしさ
長い
  • 物理的にネットワーク形成でき、更に接点も少ない。
  • 高純度(金属不純物が少ない)
  • 低抵抗化/高強度
  • 高耐久化
小層(軽い)
  • 少量添加で機能を付与できる
  • 0.1重量%添加程度で機能発現

カーボンナノチューブの用途展開技術も合わせて開発しておりますので、お客様の製品への適用など、ご対応可能です。

カーボンナノチューブの用途展開技術

用途展開技術(例)

複合材中にCNTが良分散されネットワーク化された状態

複合材中にCNTが良分散され
ネットワーク化された状態

CNTヤーン

CNTヤーン(糸)の物性一覧

項目 代表値
直径 〜100μm
電気伝導率 〜105 S/m
引張破断強度 〜1.5Gpa
ヤーン密度 〜1.2g/cm3

ナノポーラス材料

ナノポーラス材料とは、微細な細孔を無数に有する多孔質材料のことです。

「金属溶湯デアロイング法」を用いたナノポーラス材料を東北大学との共同研究で開発しています。

金属溶湯デアロイング法とは、多成分系の合金から特定の元素を金属溶湯へ溶出することで、目的のポーラス材料を作製します。製造方法由来の特徴として、材料の表面から内部まで細孔が連続的につながった「オープンポーラス構造」を有しています。

SiとMgの合金をBi溶湯へ浸漬することによって、MgをBi溶湯中へ溶出させてSiの多孔質構造を形成します。(Siの場合)

ナノポーラス材料

ナノポーラスシリコン

ナノポーラスシリコン

特徴

大比表面積、高結晶性、高導電性

諸元 仕様および諸元値
小細孔サイズ バランス 高結晶性
比表面積
(m2/g)
60 30 10
細孔ピーク径
(nm)
30 80 400
粒子径, D50
(μm)
100
結晶子サイズ(nm) 20 50 80
  • 細孔径および粒子径はご要望に合わせて制御が可能です。
  • 掲載されたデータは参考値であり保証値ではありません。

ナノポーラスカーボン

ナノポーラスカーボン

特徴

大比表面積、高結晶性、高導電性、低吸湿性

諸元 仕様および諸元値
大比表面積 高結晶性
比表面積
(m2/g)
400 100
粒子径, D50
(μm)
20
結晶子サイズ(nm) 3 8
  • 細孔径および粒子径はご要望に合わせて制御が可能です。
  • 掲載されたデータは参考値であり保証値ではありません。

【応用検討例】

フィルター
触媒担体
マイクロセンサー
徐放材料
吸着材

PVDコーティング/DLCコーティング

TPRのPVDコーティング/DLCコーティングは
高い耐久性と摺動特性に優れ、かつ厚膜対応が可能なコーティングです。

PVDコーティング/DLCコーティング

ラインナップへのリンク

製品・サービス

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。