重要資源使用量の削減

取り組み状況

  • 当社は「資源を有効利用し、無駄遣いをなくす」ことを環境目的として、水資源保護の為、水使用量原単位削減を2013年度比2030年までに30%削減を目標に取り組んでいます。
  • 当社では、井戸水と、公共市水を併用して利用しており、その両方の水量を含めて削減するようにしています。表面処理装置が多く、洗浄用に多く使用しています。生産量により変動するため、原単位として削減目標を定めています。
  • 表面処理水は中和などの排水処理を行い、下水道へ排出します。使用量を削減する事で環境保護と経費節減にもつながります。
  • 2020年度の実績は総量では減少しましたが、コロナ影響で生産量が減り、原単位としては悪化する見込みです。

長野工場、岐阜工場、TPR工場の水使用総量の推移

長野工場の水使用量と原単位推移

岐阜工場の水使用量と原単位推移

TPR工場の水使用量と原単位推移

サステナビリティ

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。