コンプライアンス

コンプライアンス体制

コンプライアンスへの取り組み

当社は、「TPRグループコンプライアンス基本規程」及び「TPRコンプライアンス規程」を定めており、この定めに基づき、グループ全体のコンプライアンス体制の維持・向上を推進しています。

各社員は、以下の「TPRグループコンプライアンス基本姿勢」に則り、日々の企業活動を遂行しています。

TPRグループコンプライアンス基本姿勢

TPRグループ及びTPRグループ会社は、お客様、株主、社員、お取引先、地域社会など、ステークホルダーの皆様の信頼に応えるために誠実な企業活動の実践が不可欠であることを共有します。

また、TPR及びTPRグループ各社の社員等一人ひとりは、コンプライアンスについて、品質・環境・安全・防災と同様、重要な企業基盤の一つであることを確認し、高い倫理観を持って社会的良識を含めた法令等の遵守を実践し、誠実かつ健全な企業活動を行うよう努めます。

  1. 誠実な行動
  2. 経営の健全性と透明性の確保
  3. 公正・自由な競争に基づく取引
  4. 安全・快適な職場づくり
  5. 社会への貢献

体制

上記の規程のもと、会長兼CEOを統括責任者として、経営会議メンバーで構成する「コンプライアンス委員会」を設置しております。そのうえで、各部室長を推進責任者としてコンプライアンス体制の維持・向上を推進しています。

運営事務局として、グループ・ガバナンス統轄室を設置し、国内外のグループ各社を対象に会計処理に関わる不正など業務全般にわたる不正行為を未然に防ぎ、不正行為を早期に察知できる仕組みを構築してグループ・ガバナンスの強化を図っています。また、社員教育体系の中に必須科目として、コンプライアンスの重要性を教育する内容を組み込んでいます。

会議体

コンプライアンス委員会

  • 年2回開催。(上期、下期)
  • 主な議題は、コンプライアンスに関する活動実績報告、活動計画の討議およびコンプライアンス事案の確認等です。
  • 以下の会議で、コンプライアンス活動推進のトップメッセージの発信、コンプライアンス委員会で討議した方針・計画およびコンプライアンス活動の発信・周知を行っています。
    ・全社経営会議(グローバルベース)
    ・全社コンプライアンス会議(国内拠点を対象)
  • また、取締役会において、コンプライアンス委員会の活動状況報告および内部通報状況報告を行っています。

内部通報制度

法令違反・不正行為・ハラスメント行為に対して、当社グループに従事する役員・社員が通報できるグループ内共通内部通報窓口を設定しています。通報窓口を「コンプライアンス委員会」「監査役」「外部弁護士」の3つを用意し、通報手段も「電話」「メール」「郵送」「投書」の複数形態を設けて、利便性を確保し、また通報者保護も周知しています。

内部通報については、定期的に取締役会に報告し、取り組みのモニタリングを行っています。

教育、コンプライアンス意識の向上

全社経営会議で、会長兼CEOからコンプライアンス活動推進のメッセージが発信されるとともに、年頭の辞等、適宜、コンプライアンス推進のトップメッセージが発せられています。

新入社員、中途社員をはじめ、新任管理者、海外赴任者、役員、役職者等への研修を定期的あるいは随時、実施しております。研修にあたっては、E-Learningなどを活用して効果的な実施に努めるとともに、理解度の把握・分析を行い、施策に反映しています。

グループ・ガバナンス統轄室は、コンプライアンス意識向上のため、以下を実施しています。

  • 各拠点のコンプライアンス情報のモニタリング、及び拠点間の情報のコンプライアンス責任者及び拠点長と共有
  • 毎月のコンプライアンス情報に基づき、背景や視点をまとめ、啓蒙資料を作成し、各拠点に展開
  • 同業他社接触報告に基づく、競争法対応のモニタリング

サステナビリティ

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。