CO2排出量(原単位)の削減

取り組み状況

  • 当社は環境方針の中長期課題として、温室効果ガス(GHG)の一部であるCO2削減に関し、「2030年までに2013年比30%削減(原単位)」という目標を設定し、各事業所で鋭意取り組んでいます。
  • 実績は以下のグラフのとおりで、原単位ベースでは順調に削減を進めており、長野・岐阜は経済産業省の省エネ法定期報告書で、Sクラス(省エネ優良事業者)の評価を2019年実績まで6年連続で獲得しています。
  • 2020年は、排出総量は大きく減りましたが、生産量が減ったことから原単位ベースでは悪化しています。

長野工場、岐阜工場、TPR工場のCO2排出総量推移

長野工場のCO2排出量と原単位推移

岐阜工場のCO2排出量と原単位推移

TPR工場のCO2排出量と原単位推移

  • 各事業所で「環境保全会議」を開催し、工場インフラ・製品・生産設備などの電力や燃料関係の具体的な改善アイテムを抽出し、CO2排出量削減に取り組んでいます。
  • また、改善アイテムは「全社環境保全会議」で共有し、当社グループ全体で成果が出るように改善促進に注力しています。

具体的取り組み事例

事例1 燃料改善によるCO2削減

工場周辺に天然ガス配管が整備されたことを機に、冬季暖房・表面処理ボイラー燃料等に、CO2排出係数の低い天然ガス転換を実施。
CO2削減効果・・・ 27%削減

事例2 鋳造工程の溶解電力費削減によるCO2削減

高周波溶解炉に使用するコイルを通電効率の高いコイルに変更、節電に成功。
CO2削減効果・・・ 年間81トン削減

事例3 照明のLED化による電力・CO2の削減

CO2削減効果・・・ 年間55トン削減

事例4 太陽光発電への取り組み

グループ会社のTPRトータルサービス(株)で太陽光発電事業を実施中。さらに、工場屋根を使った自家消費型太陽光発電を検討中です。

サステナビリティ

製品情報やお取引、
採用などのご相談がありましたら
お気軽にお問い合わせください。

03-5293-2811

受付時間 8:30〜17:00但し、弊社休日は除きます。