TPR

  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • Chinese

シリンダライナとは?

内燃エンジンのシリンダー断面図1.内燃エンジンのシリンダー断面

シリンダを構成するためにエンジンブロックにはめ込まれる円筒であり、エンジンの内部を構成する重要機能部品の一つです。
日本ではシリンダライナ(Cylinder Liner)と呼ばれる場合が多いがシリンダスリーブ(Cylinder Sleeve)と呼ぶ国(会社)もあります。

機能1 摺動面形成

エンジンの内壁としてピストン、ピストンリングとの摺動面を形成する。シリンダライナの最も重要な機能は摺動面として優れた特性を持つことであり、下記の4項目が非常に重要です。

  1. 耐焼付性が高いこと。
  2. 自身の摩耗が少ないこと。
  3. 相手ピストンリングの摩耗が少ないこと。
  4. 潤滑油消費が少ないこと。

機能2 伝熱

燃焼熱の流れ図2.燃焼熱の流れ

燃焼熱をピストン、ピストンリングを介して受け、冷却水に伝える。

機能3 気密保持

ライナの気密保持図3.ライナの気密保持

圧縮気体、燃焼ガス圧が外部へ漏れるのを防ぐ。
シリンダ内で発生する高圧・高熱によって変形しにくいライナが必要

エンジンのシリンダ壁は高温・高圧かつピストンリング・ピストンが高速摺動しており、特にトラック・バス用エンジンでは長寿命が要求されるためシリンダー部のみ耐摩耗性の優れた鋳鉄材シリンダライナを使用しています。また、近年はエンジン軽量化の為、エンジンブロックを鋳鉄製からアルミ合金製に変わってきていますが、シリンダ内周の摺動面としてアルミ合金の直摺動は運転中の変形や摩耗性が今一歩であることから、鋳鉄製のシリンダライナを鋳ぐるんだアルミダイキャストブロックが主に使われています。

ページトップへ戻る