PEOPLE
07
営業
上司や先輩が見守り
若手に任せてくれる環境で、
成長スピードを実感。
長井 舜将
Mitsumasa Nagai
浜松営業所
2015年入社/経済学部 経済学科
PROFILE
埼玉県出身。実家の隣がバイク店だったこともあり、高校生の頃からバイクいじりや休日のツーリングを楽しんでいた。自動車やバイクの部品メーカーを中心に就活する中でTPRの説明会に参加。「高い技術力が求められるピストンリングやシリンダライナといった製品で、大きなシェアを維持していること。海外拠点が多くグローバルな仕事ができそうだと思えたこと。その2点が入社の決め手でした」

少数精鋭の営業所で、
グローバルメーカーを担当。

長野工場で3か月の現場研修を終え、浜松営業所に配属されました。小さな営業所ですが、数人の営業で大手2社を担当しています。2社とはいえ、いずれも四輪・二輪を始め、さまざまなエンジン搭載機器を開発するグローバルメーカーです。私はそのうちの1社で、主に二輪を担当しています。顧客訪問、見積もり作成、価格交渉、納品までの進捗管理など、営業の業務は多岐にわたります。国内から海外まで出張も多く、忙しいながらも充実した日々を送っています。

年齢やキャリアの異なるお客さまと、
一人ひとり人間関係を積み重ねていく。

お客さまへの訪問を繰り返し、関係を積み重ねていくことがこの仕事のやりがいだと感じています。担当部署は幅広く、常時数十人のお客さまと話をしています。年齢も職種もキャリアもバラバラ。一人ひとり個性の異なる方々と打ち解けた末に、受注につなげられると本当にうれしいものです。メールや電話に頼らず、とにかく足を運ぶこと。小さなことでも直接顔を合わせて話をすること。そんな上司の教えを、お客さまだけでなく製造現場に対しても守るようにしています。

上司や先輩は後ろから見守りつつ、
若手にチャレンジさせてくれる。

TPRは早くからいろいろな仕事を任せてくれる会社です。上司や先輩は後ろから見守りつつ、とにかく若手にチャレンジさせてくれます。2年目の7月にタイへの出張を命ぜられたときも、先輩は同行せず、技術部門の方と二人で現地に向かいました。ASEANは二輪の市場が非常に盛り上がっている地域です。現地で働く方々はとてもエネルギッシュで大きな刺激を受けました。若手のうちに海外の現場でビジネスを体験できるのは、この会社ならではと思います。