PEOPLE
05
生産管理
その先を見据える感覚と
製品知識を身につけて、
完璧な生産計画を立てる。
瀬間 彩夏
Sayaka Sema
生産管理部(長野工場)
2016年入社/経営学部 経営学科
PROFILE
千葉県出身。高校生の頃は、自分で考えて行動できる営業職に就きたいと考えていた。銀行からマスコミまで幅広い業界で就活する中、ものづくりを行うメーカーで人の役に立ちたいと考えるようになった。「人目には触れないところで、重要な製品を作っている会社がたくさんあることを大学の授業で知り、そうした仕事に興味を持つようになりました。ピストンリングメーカーのTPRに惹かれたのも、そこが大きな理由です」

年間計画に基づいて
生産をコントロールする。

生産管理部をひと言で表すと、生産に関わるすべての計画を立てる部署です。当社では、いつ、どの製品を、どれくらい製造するかが、年間計画に基づいて決められています。無駄なく効率よく製品を製造するために、この計画が大まかな指標となるのです。私は部署でいちばんの若手ですが、ピストンリングを構成する3つのリングの中でオイルリングと呼ばれる製品を担当しており、その生産管理を任されています。

製造現場の司令塔となり、
的確な指示を出す。

製品の出荷は、何千、何万という単位で毎日のように行われます。もちろんいきなり注文が来て、行き当たりばったりで製造するわけではありません。内示を基に逆算し、加工にかかる時間を考慮した上で、製造現場への指示と進捗管理を行うのが主な仕事です。ときには追加注文などで、イレギュラーな対応を迫られることも。営業や製造現場との密なコミュニケーションは欠かせません。

周囲の人たちに助けられ一歩成長。
将来は営業として活躍したい。

当初は、計画通りに事が進まず辛い経験もしました。このままでは担当製品の在庫が尽きて出荷できなくなり、お客さま工場のラインを止めてしまう。そんなプレッシャーに押しつぶされそうでしたが、先輩や現場の方にアドバイスをいただき、なんとか調整を重ねて出荷ペースを守ることができました。進捗管理には、ずっと先を見据える感覚が必要なんだと気がついた一件です。この部署で身につけた知識を生かし、将来は営業としてTPRの製品を世に広めたいと考えています。