PEOPLE
03
新商品開発
新製品開発に欠かせない
技術者同士の
活発なディスカッション。
大鋸 哲平
Teppei Oga
新商品開発部
2012年入社/工学部 機械システム工学科
PROFILE
岐阜県出身。子供の頃からロボットや自動車が大好きだった。ものづくりに憧れ自然と理系の道へ。学生時代の研究テーマは焼結(金属のパウダーを押し固めて部材を作る工法)。産学連携プロジェクトの一環でTPRの社員と共同研究を行っていた。「私の就活の時期は、TPRが製品の幅を広げて多角的に事業を進めていくタイミングと重なっていました。そうした新しい分野にも挑戦するという会社のスタンスが、入社の決め手となりました」

高機能プラスチックを用いた、
新製品の可能性を探る。

新製品開発部は、その名の通りこれまでになかった製品を開発する部署です。とは言え、突飛なことをやっているわけではありません。ピストンリングの製造で培った技術や精密なものづくりのノウハウ、既存の設備や評価システムを生かし、新製品の開発に取り組んでいます。エンジンや産業機械で使われる部品を、鉄など従来の素材から高機能プラスチックに置き換えることで、新たな可能性を見出せないか。そうしたテーマで複数のプロジェクトが進んでいます。

顧客との対話から
生まれてくるアイデア。

新製品のアイデアは、自動車メーカーなど当社のお客さまとの会話から生まれてくることがほとんどです。「こんなことができたらいいな」「こんな製品があったらいいな」。そうした声をヒントに開発がスタートします。試作を繰り返しているうちに、ここはこうしたらよいのでは、他にもこんな方法もあるのではと、さまざまなアイデアが浮かんできます。製品化に至るまでは数年がかりですが、新しいものづくりに携われることに大きなやりがいを感じています。

チーム全体で
100%を目指す仕事。

職場は研究室ではありません。納期があり、つねに結果が求められます。仮に80%まで進んだ仕事があったとしても、残りの20%を完成させるためにずっと一人で抱え込むのはよくありません。仕事は一人でするものではなく、チーム全体で100%を目指せばよいからです。先輩や上司と技術的な議論を交わす文化が社内に根付いており、私も技術者として大いに鍛えられました。新製品事業が軌道にのるまで、今後もこの部署でがんばりたいと思います。