PEOPLE
02
製品開発
そのエンジンに適した設計を、
数ミクロン単位で
追い求めていきたい。
佐藤 圭佑
Keisuke Sato
製品開発部(長野工場)
2016年入社/工学部 応用化学生命工学科
PROFILE
青森県出身。大学では白衣を着て薬品を使った研究を行っていた。「このまま化学の世界にいるより、別の分野で働くのもいいかなと考え、IT、建築、メーカーなどの業界を中心に就活を行いました。自動車好きだったわけではありませんが、ものづくりに携わりたかったんです。大学の先生からの紹介でTPRの説明会に参加し、ピストンリングという製品に興味を抱きました。これまでの実績や将来性、安定性にも惹かれ、入社を決めました」

現場研修で学んだのは、
工程の複雑さとチームワークの大切さ。

入社1年目の現場研修でピストンリング製造の一工程を担当しました。リングの内周面(ピストンに直接触れる面)に表面処理を施す工程です。その工程だけで複数の機械を使う上、外周面にはまた別の処理を行います。一見シンプルな製品でも、こんなに多くの工程を経て作られるのかと驚きました。5か月の現場研修では、挨拶を始めとするコミュニケーションの大切さも身につけました。ものづくりはチームワーク。だからこそ人間関係を円滑にする挨拶はとても重要です。

エンジンの特性に合った製品作りは、
ある意味で正解のない仕事。

私の所属する製品開発部では、ピストンリングの設計を行っています。とは言え、図面を引くことが主な業務ではありません。営業がお客さまから引き出した情報をもとに、エンジンの特性を踏まえたリングの仕様を提案する仕事です。同じようなカタチをしていても、製品ごとにその特性はまるで違います。素材や工法、コストも考慮しつつ、数ミクロン単位での差にこだわり、評価テストを繰り返します。「ある意味、正解のない仕事とも言えますが、そのこだわりの評価を行うことで製品の良さもお客様に理解してもらい、ピストンリングを作る仕事を頂いた時は、とてもやり甲斐を感じます。」

技術的な知識を積み重ね、
TPRを代表してお客さまの前へ。

同業他社と競争しながらものづくりを行う日々はとても充実しています。最近は2、3週に1回のペースでお客さま先を訪問するようになりました。技術的な質問されたとき、私の知識では答えることが難しい場合もありますが、中途半端にわかったような返答をすることだけは避けています。私が新人かどうかは、お客さまに関係ありません。お客さま先では私がTPRを代表していることを忘れず、技術的な知識をさらに積み重ねていきたいと考えています。