TPR

  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • Chinese

パワートレイン部品 技術動向と開発体制

技術動向 リング編

ピストンリングはエンジン性能に直接関わる部品であり、その進歩はエンジンとともに歩んできています。各エンジンメーカーの最新エンジンは地球環境の面からよりいっそうの燃費の向上、排出ガスのクリーン化、エンジンの長寿命化が求められています。
それに伴いピストンリングもさらなる低フリクション化・耐摩耗性向上を要求され、さらなる高性能・高品質なピストンリング材と表面処理の組合せ・低張力リング・薄幅リングの開発を進めています。

開発体制

技術センター
技術センター
TPRグループの技術センターとして2004年に開設、技術開発の中心として明日のニーズに対応する研究開発をしています。

実験・解析

エンジン実験室
エンジン実験室
ピストンリングの性能評価を行うためエンジン実験室を備えています。
製品開発・性能解析に活用しており、自動車メーカーからは厚い信頼を得ています。
ガラスシリンダ
ガラスシリンダ
ピストンまわりの摩擦損失低減が強く求められていることからピストンリングは薄幅、低張力化の方向にあり、その場合にはオイル消費の増加が問題となります。
ガラスシリンダによる可視化で、そのメカニズムを解析しています。
CAE解析
CAE解析
製品開発のサポート、各種性能解析のツールとしてCAE解析を実施しています。主には構造解析、熱解析、挙動解析などです。

ページトップへ戻る